トップページ > [ Pick up!!Artist ] > Song (金 ソンエ)

Electric Violinist "Song"

Official Web Site

Song

DMYS Infomation

Pick Up!! Artist

プロフィール / PROFILE

SongSong (金 ソンエ)

9歳よりヴァイオリンを始め、12歳の時に栃木県コンクールにて2位に入賞。その2年後、日本学生コンクールにて審査員奨励賞を受賞し、18歳でロンドンに留学して以降、英国王立音楽大学で5年間ダイアナ・カミングス氏に師事。

英国王立音楽大学に在学中は、イギリス内外にて様々な活動をする。2005年にはロンドンのランドマークホテルやセント・マーチン教会で定期的に演奏し、夏には横浜と宇都宮でピアニストの小室美佳とともにデュオコンサートを開催。2006年に、音楽フェスティバル『Bookham Festival』に招待され、ソリスト及びトリオとして演奏する。同年、オルガニスト兼作曲家のライオネル・ロッグの新曲プレミアにてファーストヴァイオリニストとしてDukes Hallで演奏。2007年に催されたロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールの再オープニングコンサートでは、オーケストラの一員としてパフォーマンスに参加した。

2007年に英国王立音楽大学を卒業後、クラシカルヴァイオリニスト/エレクトリックヴァイオリニストとして本格的に活躍を始める。これまでに、現代作曲家のアラン・ホロウェイ・ナフムがアビーロードで行ったレコーディング、イギリス人歌手のトーマス・スペンサーのアルバム『Believe』のレコーディングに参加し、トーマスのデビューシングル「Credere」のプロモーションビデオにも出演した。ロンドンのカドガン・ホールでは、ミュージシャンのリッキー・ウォークマンのコンサートに出演。さらに、イギリスのクラシカルグループ、All Angels(オール・エンジェルズ)とも共演。2010年には今年カーネギーホールでデビューしたピアニスト、ジュリー クーシャロンとノルウェーで演奏会を行った。これまで演奏した国は、イタリア、スペイン、フランス、スイス、ノルウェー、ポルトガル、アメリカ、ドバイ、インド、タイ、カリブ等世界各国にわたる。

2009年から2011年に日本に帰国するまで、イギリスのエレクトリックカルテット、Siren(サイレン)やAsteria(アステリア)のメンバーとしてたびたび活動し、2010年にはイギリスの音楽テレビ番組でSirenの一員としてライブ演奏した。デュオグループのString Idols(ストリング・アイドルズ)としては、オリジナルメンバーとしてクルーズ客船にて世界各国で演奏。

師事/マスタークラス:サー・コリン・デイヴィス、ダイアナ・カミングス、ヤンパスカル・トルテリ、エドワード・ガードナー、ヒュー・ウォルフ、ジョセフ・セイガー、マイケル・ドゥセック、澤和樹、山内妙子、久保利明、大関 博明、杉本いずみ

最新ニュース

ページトップへ